ヤマハサウンドシステム株式会社

SFG(音場創生システム)

空間の響きを創生するシステム

あらかじめ実在する大聖堂やコンサートホールなどで採取された音場データをもとに響きを創生“Generate”します。

音場を創生するという意味から “Sound Field Generation = ” と名付けています。

用途・利用例

  • 天井の低い空間で、大聖堂のような天井が高く頭の上に空間が広がった印象にする。
  • 講演を主体とした響きの少ない空間を、大きなコンサートホールのような壮大な響きにする。
  • 演劇など場面場面で演出的に実現したい空間の響き(音場)をつくる。など、空間の印象を変化させます。

しくみ(例)

  • 実在する大聖堂やコンサートホールなどの空間で、舞台に置かれた音源(スピーカー)から発せられた音に対する反射音(壁際インパルス応答)データとその位置情報を採取。採取したデータはSFGプロセッサーにプリセットデータとして登録されます。
  • 演奏者が奏でる音を近傍のマイクで集音したSFGプロセッサーのプリセットデータを付加(畳み込み演算)し、壁際にあるSFGスピーカーから再生することで、音場創生します。
  • SFGプロセッサーにプリセットされた反射音(壁際インパルス応答)と位置情報から実現したい空間の響き(音場)を創生します。

システムの構成例

Copyright © ヤマハサウンドシステム株式会社 All rights reserved.